SDGs

SDGsの取り組みについて

TAKAMI GROUPでは、企業活動を通じて2015年9月に国際連合が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献し、下記の項目を実現するため、重点的に取り組みを進めてまいります。

※SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な世界を実現するため17のゴール・169のターゲットから構成され、2030年までに地球上の誰一人として取り残さないことを誓った、国際目標です。

【女性も男性も活躍できる環境を整備】

  • テレワークの推進で男女問わず育児をしながら仕事をできる環境に

【無駄を見直し、省エネルギー】

  • 会議室の電気を使用しない時は消灯する
  • 施設内や事務所の温度管理の徹底をする
  • クルー用トイレは使用後必ず消灯する

【ペーパーレス、電子化の推奨】

  • 各種発注を紙ではなくメールで
  • 社内会議資料や請求書は電子化

【クリーンなまちづくり】

  • 施設周辺のゴミ拾いを行う

【クルーが活躍でき働きやすい環境を整備】

  • 両立支援制度、短時間正社員制度の実施
  • 社会人大学院、各スキルアップ講座の学費サポート、国家資格取得奨励金制度の充実
  • オンライン研修(いつでも学べる機会)の実施
  • 勤怠管理システムをスマホで
  • テレワークの推進(デスクワークの在宅化、オンライン接客の活用)で働き方を選べる会社に
  • 表彰制度(モチベーション向上)の充実
  • 障害者雇用の実施
  • ヘルプライン、ストレスチェックの実施

【100年の歴史で培ってきた知識を社会に】

  • 着物文化を伝える
    (学校講師、世界で着物文化を伝えていく)
  • おもてなし講座の実施

CSR

文化活動の取り組みについて

わたしたちの生きるこの美しい国で受け継がれてきた伝統と文化。
伝承されてきたその素晴らしさをより多くの方に感じてほしいという想いから、TAKAMI BRIDALでは京都の寺社・仏閣で開催する「きょうといちえ」をはじめ、さまざまな活動支援を行ってきました。
今、この瞬間に、わたしたちが、社会のためにできることは何か。
過去から未来へとつながるときの中で、わたしたちが大切にするべきものが息づくその場所に、TAKAMI BRIDALのCSR/文化活動が存在します。

きょうといちえ

歴史ある京都と新たな京都の魅力をもとに 開催している文化継承イベント。
京都での一期一会、京都で出逢うヒト・モノ・コトとかけがえのないひとときをお過ごしいただき、その一瞬を大切に、さまざまな輪を広げていきたいという想いが込められています。

web site

https://www.takami-bridal.co.jp/lp/kyotoichie/

キャンドルナイト

1995年に起こった阪神・淡路大震災の際、被災地の方にわずかでも癒しの時間や温かな光を届けられればと、TAKAMI BRIDALが普段結婚式や装飾で使用しているキャンドルを届けたことがきっかけで始まった活動。
現在でも年に2回、全国の教会や施設を一般開放し、キャンドルの光に包まれながら環境問題や自分自身について考えるきっかけとなるよう願いを込めて、賛同イベントを開催しています。