CSR&文化活動
私たちの生きるこの美しい国で受け継がれてきた伝統と文化。伝承されてきたその素晴らしさをより多くの方に感じてほしいという想いから、TAKAMI BRIDALでは京都の寺社・仏閣で開催する「きょうといちえ」をはじめ、様々な活動支援を行ってきました。
今、この瞬間に、私たちが、社会のために出来ることは何か。過去から未来へとつながるときの中で、私たちが大切にするべきものが息づくその場所に、TAKAMI BRIDALのCSR/文化活動が存在します。
きょうといちえ
新たな京都の魅力を発信する場となればという想いのもとに開催しているイベント。京都での一期一会、京都で出逢うヒト・モノ・コトとかけがえのないひとときをお過ごしいただき、その一瞬を大切に、様々な輪を広げていきたいという想いが込められています。
きょうといちえの画像
Smile Wedding
2014年に「復興支援を風化させたくない」と集まったNPO法人・社会福祉法人・学校・企業 が協力し、東日本大震災復興支援プロジェクト団体を発足して以来毎年継続的に開催している企画。震災により結婚式を挙げられなかった方や記念写真が紛失してしまった方などを対象に、挙式やブライダルフォトを提供しています。
Smile Weddingの画像
ウガンダ「Village Art Bridal」プロジェクト
ドレスデザイナー・Lindee Danielのプロジェクト「Village Art Bridal」に賛同し、役目を果たしたウエディングドレスやアクセサリーをウガンダの地元の花嫁に提供しています。これはウエディングサロンとして地元の経済に寄与すること、このプロジェクトを通して地元の孤児院・Bringing Hope to the Familyに継続的なサポートをできることを目的としています。
ウガンダ「Village Art Bridal」プロジェクトの画像
キャンドルナイト
1995年に起こった阪神・淡路大震災の際、被災地の方にわずかでも癒しの時間や温かな光を届けられればという想いのもと、TAKAMI BRIDALが普段結婚式や装飾で使用するキャンドルを届けたことがきっかけで始まった活動。現在でも年に2回、全国の教会や施設を一般開放し、キャンドルの光に包まれながら環境問題や自分自身について考えるきっかけとなるようにとの願いを込めて、賛同イベントを開催しています。
キャンドルナイトの画像
UNHCR協賛活動
文化活動でのチャリティを通じ、認定NPO法人国連UNHCR協会を通じてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の難民援助活動に寄付しております。
UNHCR協賛活動の画像
TAKAMI BRIDAL 環境行動指針
  1. オフィスの冷房の設定温度を28度、暖房の室温は20度に設定するよう努力します。
  2. 事業での使用車両は、エコドライブを心がけアイドリングストップをいたします。
  3. メンテナンス部門では、可能な限り環境に配慮した商品を使用し、リサイクル利用を心がけます。
  4. 業務中に使用するバックは、繰り返し使用可能なものにするなど、クルー一人ひとりが環境に配慮した行動ができるよう進めます。
  5. 香水や喫煙によるにおいについては、社員全員禁煙に努めるなど、秩序とマナーをもって、すべての方にとって心地よい環境作りを推進します。